「うどんの国の金色毛鞠 7巻」にまりんなつ1号が出演!? | 高松⇔豊島まで約35分!定期船・海上タクシー・フェリーチャーターのことなら、豊島フェリーへ

株式会社豊島フェリー
豊島(家浦)⇔高松港 直行便 約35分
電話番号 087-851-4491

ARTLINE BLOG

「うどんの国の金色毛鞠 7巻」にまりんなつ1号が出演!?

こんにちわ~!運行管理の松田です(・∀・)

 

以前、とある方から「まりんなつ1号が漫画に出てるよ!」という情報をいただいまして、Σ(゚Д゚)まじですか!という感じで調べさせていただいたところ

 

新潮社さん出版の「うどんの国の金色蹴鞠」という漫画の7巻で発見しました!(`・ω・´)ゞ

61mlDvfNHqL._SL300_

 

香川県を舞台とした漫画で、香川県の本屋さんとかでは特集されてたりもして知ってる方も多いのではないでしょうか。

 

俵宗太という香川県出身のウェブデザイナーが実家に帰省した際に、廃業した実家の製麺所の釜の中で不思議な子供に出会い、物語が始まっていきます。

 

その物語の41話「家浦港」で(もろ豊島のお話っぽいタイトルですね!)

うどんの国

 

(゚∀゚)おおぉ!

 

c59da855-1b19-48a0-830b-b0dd07d69c03

 

(゚∀゚)再現度が高すぎる!!

 

 

これは是非blogに!と思い、この記事を書かせていただくにあたって、出版社様に許可をいただきにお電話させていただいたのですが

 

なんと!作者の「篠丸のどか」さんも実際に船に乗られて取材のために豊島を訪れていたとか!(*゚∀゚)

 

いやいや、ありがとうございます!このような香川県を舞台とした作品に弊社のような小さな会社の船を取り上げていただいて嬉しい限り、感無量です!

 

2016年10月発売予定の8巻にも豊島のことを取り上げていただいてるみたいですので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか(⌒▽⌒)

本のラベルにはテレビアニメ化!決定!とも書かれていますのでこちらも是非チェックしてみては?(⌒▽⌒)

 

っと、少しステルスマーケティングっぽくなってしまいましたが、本当に船の模様や内装や防舷材など細かく再現させていています!

この場を借りて、作者様に取り上げて頂いてたことをお礼申し上げますm(_ _)m

 

それでは!今日はこの辺りで失礼いたします。

一覧へ
定期船・海上タクシー・フェリーチャーターのご用命など どんな事でも、お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL番号:087-851-4491
FAX番号:087-851-4573
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

【お電話受付時間】 9:00~18:00 (高松)

ページトップへ戻る